わたしたちの想い

既存の中古農機具流通市場において検査基準の画一化を図り、
公正公平な流通網を構築することが、わたしたちの目的です。

買い手市場であった農機具の流通、売り主は所有する農機具の時価が、わからないままに売却を迫られるケースが多々あります。
このような売買により、買い手が不適正な利益を得るという公平性に欠ける流通は、市場の健全な発展を阻害するだけではなく、営利のみを追求した不誠実な売買を促進してしまうことにつながりかねません。

私たちは、売り手、買い手双方にとって、公正な売買が実現できる市場環境の構築を目指してまいります。

オークション取引による相場形成 ───

複数のバイヤーによって、競りが行われ、落札されていくオークション。

いわば市場流通価格が決められるオークションでは、
トレンドやコンディション、地域、農機具の持つ装備などによって、落札価格が変動します。
これは、いわばその農機具の時価でもあり価値でもあります。

私たちは、そのオークションによって取引された価格をデータベース化し、
農機具の売り買いを行う事業主に提供いたします。
データベースにより相場価格を把握することで、
売り手、買い手が負う損失リスクを最小限におさえ、
市場流通価格を形成させることで、健全な業界の発展を目指します。

アワーメーターのデータベース化 ───

稼働時間を示すアワーメーターは、農機具の商品価値を示す重要な情報源です。
不誠実な仲介業者により、アワーメーターに手を加えて、
時間を戻し、商品価値を上げる不正行為も散見されます。

私たちは、アワーメーター情報を一元管理し蓄積し、
アワーメーターの不正の有無を検索可能な仕組みを提供することで、
不正業者の排除と不正農機具を明確化し、業界の健全な発展を目指します。

オークション出品&落札の代行 ───

下取、買取した農機具をどこに売却すればよいのか分からないという声を、よく聞きます。
業販では値段が合わない、ネットへの掲載は、成約率と売れるまでの期間が未確定なことにより
資金繰りに影響するなど、販路確保に悩む事業主様が多数おります。

JUDAでは、新たな販路確保のために、提携オークション会場への出品をお手伝いいたします。
正規オートオークションでの出品&成約は、買取中古農機具を素早く換金することが可能となり、
計画的な資金繰りを実現することができます。

また、最近は国内中古農機具需要が高まってきていることから
オークションで落札することは出来ないか?というご要望にお応えして
提携オークション会場での落札のお手伝いもいたします。

ページ上部へ戻る