アワーメーター検索システム利用契約約款、及び運用規約

 一般社団法人日本中古農機具流通協会(以下「当会」という)は、当会が提供するアワーメーター検索システム(以下「本システム」という)の利用に関する契約約款(以下「本約款」という)をここに定め、これに基づき本システムを提供する。

第1条 目的

 本システムを利用して、アワーメーターのチェックを行うことにより、アワーメーター減算・加工などの不正農機具の流通を防止し、中古農機具の公正な流通網の構築、かつ業界の健全な発展をはかることを目的とする。

第2条 約款の変更

  1. 当会は、事前に本システム利用者の承諾を得ることなく、本約款を独自に変更することがある。約款が変更された後の本システムに係る料金その他の本システム提供条件は、変更後の約款に準ずるものとする。
  2. 本約款を変更する際、当会は当該変更により影響を受けることとなる本システム利用者に対し当会が適当と判断する方法により、事前にその内容について通知する。

第3条 本システムへの加入条件

 本システム利用者は、次の各号に該当することを要する。

  1. (1) 古物商許可証を所持していること。
  2. (2) 当会の入会審査に合格していること。

第4条 本システムの概要

  1. 当会は、本システム利用者、当会の指定する企業から提供されるデータ、ならびに第3条の条件を満たした本システム利用者が検索したデータを本システムに蓄積する。
  2. 本システム利用者は、業務上取り扱う中古農機具及び顧客からの依頼を受けた中古農機具についてアワーメーター等のデータ(以下「入力データ」という)を、当会の本システムに入力することにより本システムの蓄積データと比較することができる。
  3. 本システムは、本条1項及び2項により、本システム利用者の検索したデータと当会の蓄積した入力データの農機具が一致し、かつアワーメーターに不整合が認められた場合に異常値とし、本システム利用者の使用するパソコンなど電子機器に異常を表示させる。
  4. 本システムは、本条1項及び2項により、不整合と認められなかった場合には、本システム利用者の使用するパソコンなど電子機器への異常値表示は行わない。
  5. 本システムを利用した際の検索結果について、当会は一切の保証はしない。
  6. 本システム利用者は、本システムを利用するにあたり、当会に対し事業所毎に入会の申し込みをしなくてはならない。

第5条 本システムの利用方法

  1. 本システム利用者は、検索を行う中古農機具のアワーメーターを目視確認し、正しく入力するとともに、写真・仕入れ台帳などにより、入力時のアワーメーターを確認できる書面を残さなければならない。
  2. 本システム利用者は、本システム利用に際し必要な入力データは、以下の通りとする。
    ①メーカー ②機種 ③型式 ④機台番号 ⑤アワーメーター
  3. 本システム利用者は、本条第1項の書面を最低7年間保管しなければならない。
  4. 本システム利用者は、第4条2項以外の目的で本システムを利用してはならない。
  5. 本システム利用者は、意図的に誤ったデータを入力してはならない。

第6条 入力データの取り扱い

  1. 本システム利用者は、入力したデータに誤りがあった場合、当会に対し速やかに第5条1項の書面を添付し、データ修正依頼をしなければならない。
  2. 本システム利用者が検索したデータに関して、当会が内容について本システム利用者に問合せた場合、本システム利用者は、第5条1項の書面を確認し、当会に回答しなければならない。

第7条 異常判定についての再確認

  1. 入力データと蓄積データの検索により本システム上で「異常値」との表示が出た場合、当会は、本システム利用者に対し入力データの内容の確認文書(検索データ回答書および訂正依頼書用紙)を送付して、入力データの正確性を再確認する。
  2. 本システム利用者は、前項の再確認を受けたときは、速やかに第5条1項の書面を添付して当会に対して回答しなければならない。

第8条 本システム利用の停止・損害賠償

  1. 次の各号のいずれかに本システム利用者が該当した場合、当会は、本システム利用を停止することができる。
    1. (1) 入力データの誤入力を意図的、過失に関わらず複数回行ったとき。
    2. (2) アワーメーター減算等の不正にかかわったと認めたとき。
    3. (3) 第11条2項の利用料金の支払を2か月以上怠ったとき。
    4. (4) 本システムの運営・発展を妨げるなど、本約款を維持しがたい背信行為をしたとき。
    5. (5) 倒産、破産または解散したとき。
    6. (6) 本システムを二次利用したとき。
  2. 本条1項各号に本システム利用者が該当する場合、当会は本システム利用者に対して損害賠償を請求することができる。

第9条 当会の免責

 当会は、次の各号のいずれの場合でも、本システム利用者に対していかなる責任も負わない。

  1. (1) 本システムによる検索の結果。
  2. (2) 本システムのメンテナンスのための稼働休止。
  3. (3) 回線遮断、天災など、利用環境に支障が発生した際の本システムの稼働停止。

第10条 機器等の準備費用

 本システム利用者は、本システムを利用するためのパソコンなど電子機器及びインターネットへの接続費用を負担する。

第11条 入会金・利用料金等

  1. 本システム利用者は、本約款締結時に、システム導入費用を当会へ支払わなければならない。
  2. 本システム利用者は、本システムの月額基本料金と利用料金を当会の指定する日時に支払わなければならい。
  3. 本システム利用者は、月の途中で脱会などの理由により、利用停止となった場合でも、その月分の利用料金を支払わなければならない。

第12条 協議

 本約款に記載されていない事項で、本システムを提供する上で必要な細目事項については、本サービス利用者と当会で協議の上、定めるものとする。

第13条 管轄裁判所

 本システム利用者当会間で、訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする。

第14条 情報の取扱い

 当会は、個人情報を取扱うにあたり、「個人情報の保護に関する法律」を遵守する。
取得した個人情報については、本システムに関わる業務の遂行上、必要な限りにおいて利用することがある。

第15条 その他

 本システムの契約期間は、特別規定しないものとする。本システムの開始日から起算して、本サービス利用者による契約解約の手続きがなされるまで、月単位で自動更新するものとする。

 

運用規約

 アワーメーター交換車、アワーメーター減算車、
アワーメーター不明車の定義とシステム上の取扱い

 当会では、アワーメーター交換車、アワーメーター減算車、アワーメーター不明車の定義とそれらのシステム上の取扱いを以下のとおりとする。

  1. アワーメーター交換車
    1. 1) 認証・指定工場でアワーメーターが交換されたことを証する書面があり、交換について点検整備記録簿など交換直前時のアワーメーターを客観的に証明できる書面がある農機を指す。
    2. 2) アワーメーター交換車は、アワーメーター交換直前時の時間数と交換後に経過した時間数を合算した数値とする。
    3. 3) アワーメーター交換マークは「$」とする。
    4. 4) アワーメーターの交換を証明できない農機具は、次号の「アワーメーター減算車」として取り扱う。
  2. アワーメーター減算車
    1. 1) 「本システム」及び過去の点検整備記録簿などによってアワーメーターが巻き戻されていると認められる農機具を指す。
    2. 2) アワーメーター減算車の「アワーメーター」は、現指示数とする。
    3. 3) アワーメーター減算車は「*」とする。
  3. 時間数不明車
    1. 1) 上記各号以外で、「アワーメーター減算車」ではないが、記録などがなく推定できる根拠がない農機具を指す。
    2. 2) アワーメーター不明車の「積算時間」は、アワーメーターに示された時間数とする。
    3. 3) アワーメーター不明マークは「♯」とする。

以上

各種お問い合わせはこちらから

03-6410-8169

営業日:月~金曜日(祝日を除く) 
受付時間:10:00~17:00

Webからのお問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る